白髪染め徹底知識

おしゃれなヘアカラー剤を使って白髪染めにしてもきれいに染まらないのはなぜ?白髪は白髪染め専用のアイテムを

白髪染めの後はキューティクルのダメージに留意したい

白髪染めをしたあとは、シャンプーで流しますが、染料を使う際にキューティクルを開いたりしていますから、マイルドなカラーリング用シャンプーなどを使ったり、コンディショナーを使って、髪を弱酸性にするように心がけます。

キューティクルが開いてしまうと、枝毛なども増えますが、せっかく内部に浸透させた白髪染めの染料も流れてしまいます。

ぬるま湯で薬剤をしっかり落としていきます。

液が残っているようだと髪の痛みが進行します。

色のついた水が出なくなるまで、しっかり流していきます。

その際、お風呂の床や壁を一度シャワーで濡らしておくようにします。

染料が万が一飛んでしまっても、濡れている床や壁にはシミがつきにくいためです。

これはお風呂場で白髪染めをする際には、必ず行うようにしたいもの。

白髪も染まりますが、お風呂場の床にもシミができてしまいがち。

注意しておきましょう。

シャンプーは、カラーでダメージを受けた髪の毛用のものが少なくないですから、そういった専門のアイテムをそろえておくといいでしょう。

髪を弱酸性に整え、ダメージを感じさせないように守ってくれます。

シャンプーの仕方で工夫をしたいのは、キューティクルの問題です。

キューティクルが開いてしまった状態にある白髪染めの後の髪は、ひっぱったりこすったりすると、さらにキューティクルが傷んでしまいます。

泡立てたシャンプーでこすらないように洗って、ブラッシングの際にも気を使うようにしたいですね。

Comments are currently closed.