白髪染め徹底知識

おしゃれなヘアカラー剤を使って白髪染めにしてもきれいに染まらないのはなぜ?白髪は白髪染め専用のアイテムを

自宅で白髪染め、どんなタイプを選ぶ?

自宅で行う白髪染めにもさまざまなタイプがあります。

クリーム状の1剤と2剤を手元で混ぜてから使うタイプは、顔の付近で気になる生え際白髪や、分け目のところでぴょんと立って目立つ白髪など、部分的にきちんと染めたいという時には便利です。

集中ケアができます。

一方で、長い髪や厚い髪をしっかり全体的に中まで染めようと思うと、ちょっと使い勝手が良くありません。

コームを使ってピンポイントで染めたい時や、リタッチをしたい時には便利です。

乳液やジェルのようなタイプの白髪染めは、髪にすっとなじんで伸ばしやすいのが特徴です。

手早く髪全体に染料を伸ばしていきたい時には、使い勝手が良いでしょう。

全体的に染めたい時に便利です。

ただ、液だれがしやすいので、周りを汚さないように気を使います。

ベストな方法は、こうした全体の白髪をカバーするタイプと、ピンポイントで気になるところをケアできるものを、両方使い分けることです。

日付をあけて2度行うなどの方法もあるでしょう。

最近話題になっているのは、泡のタイプの白髪染めです。

ムースのように泡がしゅーっと立って、髪の毛全体を覆ってくれます。

手早く全体的な白髪をカバーして、おしゃれなカラーを楽しみたい時にはとても便利です。

今まで一箱で足りないような感じがあった、ロングヘアの人でも、泡タイプなら全体的に染料が広がって、あっという間に髪全体を覆うことができます。

ムースタイプなので、周りに飛び散ることがあり、掃除が大変になることもあるので、注意が必要です。

また、ピンポイントで染めたい部分は、クリームタイプなどを併用するのもいいでしょう。

気になるサイト:白髪を活かす? 最近のアラフォーが若返っている秘密は白髪にあり! | 女子力アップCafe Googirl

Comments are currently closed.