白髪染め徹底知識

おしゃれなヘアカラー剤を使って白髪染めにしてもきれいに染まらないのはなぜ?白髪は白髪染め専用のアイテムを

白髪染めとヘアカラーの違い

白髪染めってなんだか年寄りになったような感じがしていや。

カラーリングでおしゃれなカラーに染めたいという人がいます。

実際、おしゃれ染めのヘアカラーと、白髪染めでは目的が違うため、色の作り方が違います。

白髪染めとカラーリング用のヘアカラーでは、髪の毛を染める力のバランスが違います。

染める力のバランスとは、髪本来の色を抜くブリーチと、髪の毛を染めるときの染毛力のバランスのことです。

白髪を染めるための白髪染めは、染毛力が高く、白い部分も黒い部分も同じトーンで染めることができます。

一方、おしゃれカラーリングの場合、ブリーチ力はしっかりしているものの、染毛力はそれほど高くないため、白髪の部分にしっかり色が入りません。

おしゃれ染めの髪色戻しタイプのアイテムは、ブリーチ力が低いものの、染毛力も高いので、白髪もきれいに染まります。

ただ色が暗めに仕上がるので、明るい色で白髪染めをしたい時には、やはり白髪染め専用のアイテムを使った方がいいでしょう。

明るい色の白髪染めは、ブリーチ力、染毛力ともに高く、黒い髪の毛も明るく整えてくれます。

黒髪に染める白髪染めなど、色味が暗い白髪染めは、ブリーチ力は低いものの、染毛力が高いので、白髪と黒髪の両方が暗めにしっかり染まります。

おしゃれなカラーリングで白髪を目立たなくしながら、ファッショナブルな髪色を目指したいという時でも、カラーリング剤はうまくカラーが入らないのですが、白髪染めもおしゃれなカラーバリエーションが増えているので、気に入った色味を探してみましょう。

参考サイト:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2013/0827/613835.htm?g=07 アラフィフおしゃれな女性のカラーリング : 美容・ファッション・ダイエット : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

Comments are currently closed.